2006年04月18日

結論への目覚め

男は多少いい加減チックで遊んでやるキャラの方がモテる。
真面目で不器用で真摯な姿勢は、多少の魅力の軽減を意味する。

この意見に反論出来る人いたら是非かかってきて下さい、
年齢も(だいたいで良いので)書いて!



続きを読む
posted by 蹴人 at 21:02| Comment(44) | TrackBack(10) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

付き合いの都合

―これはおそらくある程度大人の話―



人が人を好きになってアプローチしたくなる。



仮に向こうがこちらに好意を寄せていたとして
こちらが想いを述べても
うまくいかない時がある。


相手の都合が悪い時だ。


経験を踏んだ男女は多かれ少なかれ
いろんな方向にアンテナを伸ばしていると思う。

例え今、特定の誰かがいたとしても
そのアンテナは意図を持ってか勝手にか
動きを止めることはないと思う。

それが悪いこととは思わない。



言いたいのは



例え相手のアンテナのレーダーをこちらが感知したとしても
相手に特定の誰かがいる場合は普通にあるってことだ。

この場合
相手の都合はなかなか悪い。

悪いなら悪いで
それを認識しておくことは大事。

だってその認識から先はこちらにも決める権利が生まれるのだから。

バカみたいに純情に突っ走るのは
ある意味「逃げ」。

不安定な状態から自分が逃れたいだけ。



強く、
思いのままになりたいのなら
逃げず見つめることだろう。
posted by 蹴人 at 16:26| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

つつがある日々

最近、こうも格言じみた内容が多くなってんのって、
それだけ日々に‘つつがある’(←つつがなくの逆の意)ってことだ。

つつがない日々を送りたい。
























何だ?つつって・・・
posted by 蹴人 at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

いつやめたっていい

するということは
やめる自由とともにある。

するという行為に至る入り口で
同時に
やり遂げなければならないという責任を、
イメージの片隅にはらませるから
人はしないのだ。

人にはする自由があり
そしてやめる自由も有している。

やり遂げなくて良いから
少しだけするのだ。

とりあえず
する計画を立てる前に
やめる算段を考えよう。
posted by 蹴人 at 15:35| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

寝てるなら、テレビ見てるなら

しろっ!
posted by 蹴人 at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

戯言

俺は次、誰と付き合うのか。

かな〜り好きな人と付き合って
経過も仲良くて
この人でないと駄目だと思ってから、
その先に行けるのか。

独りの時は迷いの連続だ。


卑しい

たぶん俺は結構卑しいのだが
人は果たしてどの程度
卑しくない思いで人と付き合うのだろう。

卑しさを満たそうとする俺に
幸せなんて訪れるのだろうか。
posted by 蹴人 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

優先順位を間違えないよう

例え2位とか3位とかが
チョチョっと簡単そうにみえても
1位が一番大事である。

もしそんなに簡単な2位3位なら
1位をやってる片手間にチョチョっと
やればよい。

1位が進まないなんて言語道断。

1位から目を背けないよう。
posted by 蹴人 at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

悪く怠惰なルーティーン

がまわってる時にブログを書きたくなるようだ、俺って。


止まらない。


読み返すに
ウダウダうるさい奴だな。
posted by 蹴人 at 12:20| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分の特性

外に出るのが得意。
外に出なきゃ何も出来ない。
活動してなきゃ生きてられない。

そんな自分が家にいる。
家でやらなきゃならないことを済ませないと
前に進めないからだ。

とても不幸で
しんどく
辛い。


「そうか!早く終わらせちゃえばいいんだ!」

なんてことはわかりきってることだけど、
その道のりは想像するに
めまいを伴う。


あ、誰か言ってたな
「小さなことからコツコツと」的なこと。
西川きよしだけでなく
いろんな人が言ってるよね。

道のりの全行程を見ちゃうから嫌気がさすんだ。

そんな時は考えず
アホになってちょっとやるだけ。
ちょっとずつやるだけ。
それだけでいいんだ。
posted by 蹴人 at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

する

人間は行動によってのみ状態を、何者であるかを主張できるのではないか。


たとえ今、何者であったとしても
そこに恒常的な行動
あるいは変化的な行動がみらなれないなら
その人は今透明な状態ってことで

何も得れず
何も主張できず
何も変わらない毎日を送るしかない。


‘する’ということは
それ程基本的で
大事なこと。

しない人は生きていないことを意味する。


生きることとはすることの連続であり、
変化の連続なのである。


続きを読む
posted by 蹴人 at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。